北九州市戸畑区汐井町の眼科クリニック

設備紹介
設備紹介

当院の設備について

眼科レーザー装置

【画像】パスカル

当院ではトプコン社のレーザー光凝固装置(パスカル)を導入しています。
パターンスキャンニングレーザーで、組織へのダメージを抑え、痛みも少なく、迅速な治療が可能になりました。
緑内障レーザー(SLT)では、レーザー照射により発生する温熱効果を利用し、房水ぼうすい流出の抵抗を軽減させ、眼圧下降効果を得ることが可能になりました。

OCT(眼底三次元画像解析)

【画像】OCT

眼底や視神経の検査に使用する器械(トリトン)です。トリトンはSwept Source光源を採用しており、1回の撮影で網膜もうまくから脈絡膜みゃくらくまくまでの断層像を鮮明に描写することが可能です。黄斑おうはん疾患、緑内障などの診断や治療方針の決定に役立ちます。
また、OCT Angioにより網膜、脈絡膜の血流情報を高感度に画像化し、網膜微小血管もうまくびしょうけっかん構造を可視化します。

細隙灯顕微鏡

【画像】細隙灯顕微鏡

前眼部の観察をする器械です。
当院採用のデジタルスリットランプは、高照度で明るい観察像を得ることができます。また、眼瞼がんけんのマイボーム腺の観察、撮影が可能で、ドライアイの診察にも有効です。